牧 建築工房

愛知県三河地方を中心に、木造りの建築を手掛ける工房です。新築注文住宅・住宅店舗リフォーム・耐震診断・耐震リフォーム等を年間数棟限定で、手掛けています

牧 建築工房 イメージ画像
三河杉床材を使い梅雨時もさらりとした足触り
そしてほんのりとした木の香り
木や障子紙を使い、柔らかく響く音と声
早朝のやわらかい反射光を感じた目覚め
ペレット・ガスを使う「火」のある暮らし

人が五感で空気から感じるものを大切にしたい
「空気のおいしい家づくり」が私たちのコンセプト

更新情報

弊社では自社配筋検査を行った後に、第三者JIOによる配筋検査を受けています。より多くの目線で、よりよい住まいになるように、考えています。➡JIO新築住宅保険案内 (写真)10年以上前にJIO品質基準講義をしていただいたO氏が今回の検査担当者です何点かご指摘
『西尾市/第三者検査機関JIOによる配筋検査を受ける』の画像

地盤調査データを解析して、今案件ではエコジオ工法を採用します。砕石を柱状改良体として地中に埋め込みします。特徴としては、砕石が材料であること。液状化対策がとれること。養生期間なしで基礎工事に移れること。等々あります。➡エコジオ工法案内 (写真)工事前の重機
『西尾市/エコジオ工法で地盤改良工事をおこなう』の画像

茶室棟の西側にある茶庭に面した外壁は、左官職人による【なし模様】仕上げです。メンテナンスに大変な労力がかかる事をご理解して頂いたうえで、木製雨戸・木製板塀・化粧垂木庇を取付けしました。この空間でどのような茶会が開かれているのか、一度お伺いしたいと思います
『2017みよし市/二つの特別な空間のある家(茶室棟)』の画像

今回は工事監理者として配筋組みを確認します。工事【監理者】は法律で定められている最低限の質を確認する人で、工事【管理者】は質を高めていく人と考えると違いが分かりやすいと思います。例えば、「工事範囲内に細かな鉄くずがあるとします」。その場合、監理者はそれを
『幸田町/ベタ基礎の配筋組を確認する』の画像

【ロケーション】県道から一本奥に入った代々続いている集落内にある南東の角地。東と南には巾3mほどの道路があるだけで閑静な住宅地。小学生の通学路になっている。 【建築主プロフィール】マラソン大会などに出場するご主人と元バイク乗りで現在茶道師範でもある奥様
『2017みよし市/二つの特別な空間のある家(住居棟)』の画像

スウェーデン式の地盤調査を行った結果、推定通りの数値が出ました。地面から1.5mまで不安定な地盤でしたので表層改良工事を行う判断をしました。 (写真)重機で第一区画の土とセメント粉の混ぜ合わせ作業開始です。土の色が徐々に同じ色になります。二日間掛けて工事
『幸田町/表層改良工事をはじめる』の画像

海抜2mの土地地盤調査をおこないます。付近での建築経験があり、また付近の地盤データもあります。それを頭に入れた上で調査データを確認します。 (写真)2点目に機械を移動させてセットします。表面は砂地質です。全部で5点調査します。そのうちの1点目の調査時のロ
『西尾市/地盤調査をおこなう』の画像

豊実精工とシモタニのペレットストーブを販売取り扱いするショップの視察に伺いました。「火のある暮らし」を提案する家具・食器・ガーデン用品販売とカフェを併設した店舗です。➡バムズ店舗位置案内  (写真)正面がメイン店舗。左手がカフェスペース。この店舗でペレット
『岐阜市 ホーム&ガーデン バムズを視察』の画像

↑このページのトップヘ