私たちの想い

私たちは、"Think Global, Act Local" を基本理念としています。

 

山を歩きまわり、海を泳ぎ潜り、自然とかかわりる暮らしを楽しんでいる私たちは​、木造建築の設計施工一貫監理を専門とし、三河材・飛騨高山材などの地元木材(流域材)を積極的に使った住まいつくり、住まい方を提案しています。

私たちが地元木材を使うことで山にお金がいく。

そのお金が山にもどることで、健康な山つくりがすすむ。

健康な山は災害につよくなり、海を豊かにしてくれる。

未来の子供たちにいい山といい海といい住まいを残したい。

これが私たちの願い。

【屋号】   牧 建築工房  (代表者:山本範行)                           
【設立】     2008年(平成20年)
【所在地 】 愛知県額田郡幸田町大字深溝字一本樹14-3

【資格者数 】一級建築士2名/二級福祉住環境コーディネーター1名/二級土木施工管理技士1名/木造住宅耐震診断員1名  
【事務所登録】愛知県知事登録(い-30)第13557号

【所属団体等】あいち耐震改修N倍プロジェクト/クリナップ水まわり工房
【取引銀行】    西尾信用金庫  幸田支店

サービス内容

建築事業サービス

1.住宅や店舗など木造新築工事の設計施工監理

2.住宅店舗など性能向上リノベーション

3.木造建築の耐震改修工事

4.土地造成工事の設計施工監理

建築設計事務所業サービス内容

1.建築確認申請及び住宅瑕疵担保保険手続き

2.開発許可・建築許可の設計図書作成と申請手続き

3.耐震診断業務(幸田町から委託される無料耐震診断業務を含む)

その他サービス

​1.建築写真の出張撮影 

スタッフ紹介

二人の一級建築士による建築工房兼設計事務所です。

私たちはまず初めにお客様の話をじっくりとお聞きします。どんな暮らしがしたいのか?どんな一日を過ごしているのか?

お話を聞いたうえで、土地や建物をいっしょにみにいきます。

プランを練り上げると同時に概算予算をお出しし、ご要望にあわせる作業をすすめていきます。

無事にプランがまとまり契約が整ったら、職人さんに集まって頂き工事スタート!!!

私たちは一現場の設計施工監理を一貫しておこなうスタイルをとります。

お客様からのご要望を詳細につくりあげていくために設計者がそのまま現場監督になります。

​お客様と現場監督と職人衆でチームをつくり、一つの建築をつくりあげていきます。

​山本範行

  • Facebookの社会的なアイコン

管理・一級建築士

 

愛知県幸田町出身

​​刈谷高校・名古屋大学卒

レスキューダイバー

​オフロードライダー

トレイルランナー

​ソロキャンパー

山本牧子

一級建築士

二級福祉住環境コーディネーター

​愛知県豊橋市出身

​時習館高校・信州大学卒

オフロードライダー

​スノーボーダー

私たちのこだわり

Chose the Material  

​素材を選ぶ

​木・土・紙といった素材を中心に選らんでいます。特に木材は三河湾や伊勢湾にそそぐ河川の流域で育った木材(流域材)を選んでいます。構造材には飛騨高山産の桧材・奥三河産の杉材を、内装材には奥三河産の杉床材・壁天井用の杉羽目板材を、ペレットストーブには飛騨高山産のペレットをつかっています。

​Function is beauty

機能美を求めて

外壁の汚れや劣化を防ぎ、窓から入る日差しを調整するために軒を必ず出しています。屋根には主に瓦を、外壁には金属板・塗装木材・左官塗など、耐久性のある素材やメンテナンスのしやすい素材を選んでいます。窓の位置は、構造に支障のない位置・風通しの良い配置・日差しに対して効果的な大きさや位置を考えています。それらの機能がデザインとなり、結果的にシンプルな外観になっていきます。

House Doctor

​住医師として

手掛けた建物は、引き渡し後「6ヶ月・2・5・10年」の計4回定期点検を行います。これは建物におきる問題点を早い時点で知り、適切に対応することを目的としています。人間でいう、「定期健康診断」に当たります。

また幸田町から委託される「耐震診断」事業に積極的に取り組んでいます。耐震診断が主目的ですが、診断を通じて「建物がどのように変化するのか?」を見て学ぶ機会としています。これからの住まいづくりに取り入れていくべき部分を見極めています。地域のハウスドクターになれるように耐震診断事業に努めて、その作業の蓄積を定期点検にも生かしています。

​Read the Environment

​敷地をよむ

どんな建物でも世界に一つしかない敷地につくられます。だから間取り図を描く前に必ずその敷地を「読み」に出かけます。どんな自然条件なのか?周りの環境はどうなのか?ライフラインはどうなのか?その敷地の中に立って、できるだけゆっくり読んでいきます。敷地もそれぞれ、住まい手もそれぞれ…。だから同じ間取りを描いたことは一度もありません。敷地を読まなければ、次に来る「コストを読む」ことはできません。隣地との境界には高低差があるか?道路から車はスムースに入れるか?電気・ガス・上下水道は来ているか?コストを抑えながら、敷地が持つ良さをできるだけ引き出すことも間取り図を描くうえで大切なことです。

Read the Cost

​コストをよむ

「建物本体価格=建築コスト」ではありません。建築コストには、建物本体価格・付属工事費・インフラ整備費・諸経費の4つの項目があります。この4つをまとめて建築コストと捉えて、資金繰りを検討します。付属工事には主に冷暖房システムや地盤改良工事、インフラ整備には主に上下水道引込、諸経費には主に土地建物登記費・ローン保証費があります。

例えば、建物本体価格1500万円・付属工事200万円・インフラ整備費80万円・諸経費120万円とすると、建築コストとしては1900万円となります。この費用を「現金とローンのバランス」を考えながら検討をしていきます。建物本体価格の坪単価ばかりに目が行きがちですが、その他の費用だけでも建築コストの15~30%を占めます。初期段階で、全体的なコストを読んでおくことが必要です。

CONTACT

〒444-0124 愛知県額田郡幸田町大字深溝字一本樹14の3

Tel 0564-63-1309 Fax 0564-64-1355

© 2019 makikenchiku.comで作成されたホームページです。

  • badge_28_9@2x
  • Facebookの社会的なアイコン