牧 建築工房

愛知県三河地方を中心に、木造りの建築を手掛ける工房です。新築注文住宅・住宅店舗リフォーム・耐震診断・耐震リフォーム等を年間数棟限定で、手掛けています

牧 建築工房 イメージ画像
三河杉床材を使い梅雨時もさらりとした足触り
そしてほんのりとした木の香り
木や障子紙を使い、柔らかく響く音と声
早朝のやわらかい反射光を感じた目覚め
ペレット・ガスを使う「火」のある暮らし

人が五感で空気から感じるものを大切にしたい
「空気のおいしい家づくり」が私たちのコンセプト

更新情報

住まいの設計においてはできるだけ空間の無駄を省いてコンパクトにまとめます。同じ費用をかけるなら、「小さな家、質のいい家」をめざす設計をしています。そして住宅の設計においてもう一つ大切なことがあります。それは「外=庭」の設計もいっしょに行うことです。外との
『小さな家、質のいい家 のモデルプラン』の画像

アウトドアグッズの中には、普段づかいでき、使い心地の良いものがたくさんあります。ソロキャンパーとしての知識と経験をいかしてグッズをえらんでみます。まずオフィス内にアウトドア用のイスをレイアウトしてみます。今回は【キャプテンスタッグ】社の折り畳みイスを打合
『オフィスにアウトドアグッズを配置する』の画像

建築業界では「古民家」の定義はふらふらしています。ただ登録有形文化財では50年という一つの基準があるようです。となると、築50年目をそろそろ迎える弊社オフィスは【古民家オフィス】と謳えるのかもしれません。(写真)正面の4枚建具は50歳。ただ上半分は透明の
『古民家オフィスになかま入りです』の画像

開業当初から建築工事を手がけさせていただいている会社のオフィス床材の全面貼替え工事です。給湯室は掃除のしやすさを考えて、店舗用のクッションフロアに、応接室は工事のしやすいカーペットタイルに変更です。そして一番広く、活動量の多いスタッフルームは再度、カーペ
『碧南市/オフィスの床仕上げをリニューアルしてみる』の画像

5年経過したモデルハウス和室のようすを撮影してネット上で内覧会をしてみます。この和室は、来客があったときに使用する程度です。利用頻度はかなり低い空間です。新居時との変化としては、畳の色と障子紙のはがれ、ぐらいでしょうか。(上)白漆喰塗りとした、真壁つくり
『ネット内覧会 5年経過した和室のいま』の画像

本来なら8月におこなう予定のI邸半年点検でした。ただ今年の猛暑には負けてしまい、Ⅰさんにお願いして秋まで待ってもらいました。敷地と外回りをみてから、部屋内装と屋根裏と床下の点検をおこないます。(上)強度を出すために敷いた構造用合板。点検時にはキャットウォ
『西尾市/半年点検をおこなう』の画像

約15年前に発売されたエコマックスバーナーのガスコンロ。炎がトルネード状になり火力が強いと評判でしたが、安全性能が今一つでした。今回はエラー表示が頻繁にでためにエコマックスバーナーを入れ替えです。(上左)15年使用したエコマックスバーナー。炎はカッコイイ
『幸田町/ガスコンロを入替えてみる』の画像

来客用の駐車スペース。境内地の砂利敷。庫裡の玄関前庭が一通り完成しました。今年の夏はあまりにも暑過ぎです。樹木と職人が倒れないように休息をはさんでの完成です。(上)境内地から正面に庫裡をみる。(下左)石畳の庫裡玄関アプローチ。いろいろな種類の天然石をまぜ
『西尾市/千客万来の家 前庭つくり』の画像

↑このページのトップヘ