牧 建築工房

愛知県三河地方を中心に、木造りの建築を手掛ける工房です。新築注文住宅・住宅店舗リフォーム・耐震診断・耐震リフォーム等を年間数棟限定で、手掛けています

牧 建築工房 イメージ画像
三河杉床材を使い梅雨時もさらりとした足触り
そしてほんのりとした木の香り
木や障子紙を使い、柔らかく響く音と声
早朝のやわらかい反射光を感じた目覚め
ペレット・ガスを使う「火」のある暮らし

人が五感で空気から感じるものを大切にしたい
「空気のおいしい家づくり」が私たちのコンセプト

更新情報

モデルハウスの駐車場はカーポートなしの砂利敷というスタイルです。土間コンクリートと比べた時の砂利敷のメリットは大きく以下の3点です。①施工費用が安い(車2台分の土間コンは約27万円 砂利敷は約9万円)②雨水を一時的に保持してくれる ③音が出やすいので防犯
『駐車場を砂利敷にした効果』の画像

8月11日㈯~8月15日㈬まで夏期休業とさせていただきます。生まれ育った地元に帰ったりして、心も体もリフレッシュさせましょうくれぐれも水の事故には気を付けてください。高温で熱中症になりやすいところに、お酒を飲むと脱水症状が加速されます。今年は冷房の効いた

伊勢湾台風を経験したという西尾市にあった御庫裡(お寺の住居建物)。その御庫裡を解体する時に杉板建具4本をいただいてきました。その建具を仮補修して弊社事務所の建具に再利用してみました。(写真)手前が事務所スペース。床は杉材を使用しています。ピタリと合ってい
『2018幸田町/事務所の建具を取替える』の画像

2018年7月28日㈯ 10:00~17:00クリナップ岡崎ショールームにて合同主催にてフェアを開催します。気軽なイベントですので、みなさまのお友達やお知り合い、ご家族全員でご来場くださいませ。当日、弊社スタッフは午前中のみショールーム常駐となりますので
『水まわり工房リフォームフェア開催のお知らせ』の画像

5年目を迎えるモデルハウスのウッドデッキ。築70年超えの古民家の濡れ縁。そして10年目を迎える事務所のウッドデッキ。OB客のウッドデッキ。その劣化状況を観察して気付いたこと。(写真)モデルハウスのウッドデッキ先端を12cmカットしましたポチョポチョと垂直
『木製デッキを長持ちさせる方法』の画像

OB客からご相談をいただき建築とはあまり関係のない高木伐採作業を行います。県産材木造建築➡製材業者➡森林整備者と続くネットワークで、今回も高木伐採の専門集団に依頼をしました。安全第一に、そして丁寧に、後片付けもきれいにして一日で作業完了です。【木こり】に感
『2018幸田町/クスノキ伐採作業をおこなう』の画像

お寺の本堂と書院、住職のお住まいを生活動線上つなげる【渡り】部分の工事をおこないました。住まいと書院の床の高さが約15cm違っていましたが、長い渡り部分をスロープとする事でバリアフリー化を図りました。(上)スロープになっている渡り部分。スロープの始めと終わ
『2018西尾市/渡りを増改築する』の画像

リアルモデルハウスの玄関周りの杉板外壁も塗装をかけてからまもなく5年。屋根付きの外壁のみを杉板としていますが、さすがに色が抜けています。5年目をむかえるにあたり再塗装をしてみます。畳10枚分の面積があるので塗装のみで5時間。養生やマスキングを合わせるとほ
『杉板外壁を久米蔵色で再塗装してみる』の画像

↑このページのトップヘ