牧 建築工房

愛知県三河地方を中心に、木造りの建築を手掛ける工房です。新築注文住宅・住宅店舗リフォーム・耐震診断・耐震リフォーム等を年間数棟限定で、手掛けています

牧 建築工房 イメージ画像
三河杉床材を使い梅雨時もさらりとした足触り
そしてほんのりとした木の香り
木や障子紙を使い、柔らかく響く音と声
早朝のやわらかい反射光を感じた目覚め
ペレット・ガスを使う「火」のある暮らし

人が五感で空気から感じるものを大切にしたい
「空気のおいしい家づくり」が私たちのコンセプト

更新情報

既設建物とのつなぎが3ヶ所ある増改築工事です。既設屋根と合わせるために和瓦を葺きます。久しぶりに見るいぶし銀の和形瓦です。以前は普通だったものが、今では新鮮に感じてしまいます。和形瓦どころか、最近では瓦屋根としない住まいも増えてきました。(写真)4帖サイ
『西尾市/和瓦を葺いてみる』の画像

築70年超えのお住まいは内外装改修を終え、最後の塀工事に取り掛かりました。今回の再生工事のポイントの一つが【減築】という手法です。細長い浴室は半屋外の坪庭に変えました。中庭を囲んでいたトイレ部屋6帖は解体をして、左官塗の塀に変えます。(写真)砂利部分は元
『幸田町/減築という耐震改修をしてみる』の画像

第三工区で完成をした個室。畳から杉床材へ、壁は珪藻土を塗り重ね、天井は照明器具の取替のみとしました。個室として収納が欲しかったので、床の間をオープンな収納とエアコン用スペースに造り替えました。(写真)建具はすべて何らかの補修を行っています。床下には断熱材
『幸田町/和室を板張りの個室に造り替えてみる』の画像

ただいま、第四工区のリフォーム進行中のお住まいです。第二工区時に完成をした、玄関ホール飾りスペースにお客様が飾りつけをしていたので写真をとらせていただきました。(写真)リフォームしたのは奥の一段上がったスペースのみ。既設との調和がポイント。築70年以上の
『幸田町/玄関ホールを飾る』の画像

乙川の桜並木沿いに建つSさん家。桜を眺められるように北窓を意識した設計になっています。そのSさんから桜の開花写真をいただき、早速見にでかけました。(写真)写真内にSさん家の屋根が写っているような気がする…敷地のまわりの環境をしっかりみて設計をすることを、改め
『岡崎市/乙川の桜並木の季節』の画像

6帖の玄関ホールを7帖半に広げます。広げた部分は一段上がっていて、それを利用した飾段スペースとします。築70年超えの為、新しく設けた杉腰板や杉床材には栗色塗装を施してあります。(写真)左官職人の下塗り作業中。壁の裏には脱衣室を新たに設けています。正面の腰
『幸田町/玄関ホールを広げてみる』の画像

陽当たりも見晴もよい南東角地に建築して一年の住まいです。どうも鳥にとっても条件のそろった住まいのようでたくさんの鳥が巣をつくってしまうそうです。いろいろな対策をしたそうですが、なかなか成果が出ず。そこでバルコニーの裏側を金属パネルで覆って、鳥が止まれるス
『2018みよし市/バルコニーの軒裏パネルを増設する』の画像

本年も大変おせわになりました。スタッフ一同、心より厚くお礼申し上げます。誠に勝手ではございますが、12月31日㈰~2017年1月4日㈭まで休業とさせていただきます。来年も引き続き、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。みなさまがよい新年を迎えられます事をお

↑このページのトップヘ