玄関アプローチ
アイランド型キッチン
1坪サイズのシステムバス
一階トイレ
茶室縁側前の庭
板塀茶庭
板塀と水鉢
京間の稽古場
茶室廊下
茶室側トイレ
水屋照明
茶室躙り口の夜景
1/1

みよし市 茶道稽古場付き住宅新築プロジェクト

茶道の師範でもあるMさんの奥様は、新卒で入社した会社の先輩になります。バイクという共通の趣味があり、またサッカー部でもとてもお世話になり、何かと気遣いをしてくれる、世話をやいてくれる「あねさん」みたいな存在の方です。

そのMさんの奥様から、ちょうど山歩きをしているときに電話をもらいました。お茶の稽古場付きの住宅。とてもおもしろそうな建築になりそうな気がしたので、すぐに快諾しました。

建築場所はみよし市。商圏である車で45分ちょうどぐらいの場所(現在は新規のお客様の商圏は30分に変更しています)。幹線道路から一本奥に入ったところにある静かな歴史のある住宅地に、二階建ての住居部分と平屋建てのお茶稽古場部分をつなげた木造建築をたてました。外から見ると一つの建物ですが、中は一本の壁のラインをはさんでしっかりと空間がわけられています。

庭もバーベキューを楽しむための遊びの庭と、お茶会を開くための茶庭が玄関へのアプローチを境にしっかりとわけられています。

​一度、禅の精神が宿っている茶道を体験したいと思いつつ、いまだ実現できていない。いつまでに!!!と決めて必ず茶道とお茶室を体験いっしょに体験してみます。