top of page

バリアフリー床仕上げ

Updated: Feb 7


段差のない床仕上げ、バリアフリー、は一般的なものとなりました。ただ既設の住まいの床につながる形のハナレ増築などでは、これがなかなか難しい。

既設の床レベルを測量して基礎を作っても3ミリ程度の誤差が出てしまいます。そこでフクビの樹脂製床見切り材を使います(写真中、一番手前の黒い床ラインがそれです)。これで床の段差をカバーします。この案件は首尾よく、誤差がほぼゼロでした。

24 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page