某大手メーカーでつくられた立派な住まい。
ですが、住まいの内外をいっしょに設計した気配は全くかんじられません。

住まい手が当初から危険を感じていた玄関ポーチのストレート階段。
下りるとそのまま道路に飛び出す形状でなかなか危険…。
そこで平場を2ヶ所設けた二度折れする階段に形を変えました。

階段再生
(上)道路への落下防止と手摺機能をもたせたブラック色のリクシルアーキレール

外水栓リノベ
(上)ソイルレンガで縁をつけて再生した外立水栓

もう一つは駐車場の泥溜めになっていた水受けのリノベーションです。
水受けに泥水が流れ込まないようにレンガで縁をつけます。
建物基礎と立水栓後ろのレンガの間は排水のためにわざと間をあけてあります。

住まい設計の基本は内外の空間の使い方だと改めて認識させられた案件です。