梅雨らしい長雨の時期がないおかげで順調に土台伏せ工事に入れました。土台には12cm角の桧材を使用しています。桧風呂があるように、桧材は耐水性の高い材料です。

IMG_1458
(写真)附番とよばれる記号を見ながら並べていきます。手前角が「いの一番」です。
建築現場に運ばれた木材を所定の位置にならべていきます。不足がないことを確認してから、据付作業に入ります。土台から桧のいい香りがしてきます。ドリルで穴あけ作業をすると、また一段と香りがしてきます。
次は晴れ間をねらって床断熱材と床合板の据付をおこないます。