茶室棟の西側にある茶庭に面した外壁は、左官職人による【なし模様】仕上げです。
メンテナンスに大変な労力がかかる事をご理解していただいたうえで、
木製雨戸・木製板塀・化粧垂木庇を取付けしました。
この空間でどのような茶会が開かれているのか、一度お伺いしたいと思います。

西面ファサード (4)
(上)正面が縁側用の杉材雨戸と杉材鏡板。奥に茶庭用の飛び石が見えます(撮影時庭工事中)
(下)防犯センサーライト付の小間躙り口。LED照明でモダンに。
西面ファサード

広間 (2)

(上)稽古場となる京間サイズの8帖間。座り心地を大切にして藁床です。
(下左)畳敷きの茶室用玄関ホール。障子戸で仕切りをします。

(下中)茶室棟トイレは壁紙仕上げ
(下右)畳敷の縁側。雨戸を閉めた日没後撮影。天井は225cmと低めにしています。

玄関ホール茶室便所縁側