田園地帯の集落にある広い土地に、二世帯住宅への建て替え工事を行いました。
建築主Kさんは北欧スウェーデンに長く暮らしていた経験があり、今回はそれがベースになっている住まいです。

2階ホール廻り0004

(上)二階の階段ホール。手すりの木色と支柱の白色を変えているのは奥様のアイデア。

Kさんからの要望は、「住宅らしくしないでほしい。特に玄関はホテルのような雰囲気にしてほしい。」とのこと。
数年前から住まいの勉強をしてこられた奥様の資料の多さと情熱には、本当に圧倒されそうになりました。
我々にとって最大規模の住宅であったので、職人衆からは建築中「パレス」と呼ばれていました。
色使いに関しては、日本的でない北欧の雰囲気があり、面白い感性の一つとして経験させてもらいました。

外観00031階玄関ホール00012階ホール廻り00082階ホール廻り0004
(左)瓦と左官塗で外装を仕上げ  
(中)玄関ホールにある階段。ホテルをイメージしてつくりました。
(右)階段脇に規則正しくならべた窓。3枚だけ開きます。

1階LDK0002東玄関00011階玄関ホール0006
(左)居間の裏側にある家事同線。紫色の柱は緩やかな目隠し
(中)地中海をイメージしたサブ玄関
(左)白を基調にした玄関ホール。框はゆるやかなカーブを描いています。