牧 建築工房

愛知県三河地方を中心に、木造りの建築を手掛ける工房です。新築注文住宅・住宅店舗リフォーム・耐震診断・耐震リフォーム等を年間数棟限定で、手掛けています

牧 建築工房 イメージ画像
三河杉床材を使い梅雨時もさらりとした足触り
そしてほんのりとした木の香り
木や障子紙を使い、柔らかく響く音と声
早朝のやわらかい反射光を感じた目覚め
ペレット・ガスを使う「火」のある暮らし

人が五感で空気から感じるものを大切にしたい
「空気のおいしい家づくり」が私たちのコンセプト

更新情報

お寺の庫裡(住職家族の住まい)を手がけました。住まいには檀家さんやご近所の来客がたくさんあります。時には大勢のお客さんが遊びにきたりします。私的なお客さんはLDKに招きいれ、公的なお客さんは8帖二間の空間に招き入れるスタイルをとります。お孫さんも走り回れ
『2018西尾市/千客万来の家』の画像

築70年すぎの【石場建て】というつくりの住まい。この住まいのリフォーム工事を第1期~4期に分けておこないます。①浴室・脱衣場・玄関ホールのリフォーム。②耐震化のために床下の補強工事。③畳部屋を杉床材に貼替えて子供室へリフォーム。④劣化の激しい使っていない
『2018幸田町/古民家を減築改修する』の画像

5月3日(木)~5月6日(日)まで休業とさせていただきます。ご意見・ご質問等ありましたら、返信は7日(月)以降になりますがFAX・メール問合せでお願いします。つつじがキレイに咲く季節です。幸田町や蒲郡市にはツツジの名所がたくさんあります。散歩がてら遊びにでかけまし

築13年目を迎えた住まいです。海が見えることもあり、外壁東面に「チョーク」とよばれる現象がおきていました。気候のよいこの時期を選んでの塗装作業です。塗装で一番悩むのはやはり外壁の「色」です。個人的には元の色に近く、でも少し濃いものを選ぶように勧めます。で
『幸田町/外部塗装の改修をおこなう』の画像

既設建物とのつなぎが3ヶ所ある増改築工事です。既設屋根とあわせるために和形瓦をふきます。久しぶりに見るいぶし銀の和形瓦です。以前は普通だったものが、今では新鮮に感じてしまいます。和形瓦どころか、最近では瓦屋根としない住まいも増えてきました。(上)4帖サイ
『西尾市/和瓦を葺いてみる』の画像

築70年超えのお住まいは内外装改修を終え、最後の塀工事に取り掛かりました。今回の再生工事のポイントの一つが【減築】という手法です。細長い浴室は半屋外の坪庭に変えました。中庭を囲んでいたトイレ部屋6帖は解体をして、左官塗の塀に変えます。(写真)砂利部分は元
『幸田町/減築という耐震改修をしてみる』の画像

第三工区で完成をした個室。畳から杉床材へ、壁は珪藻土を塗り重ね、天井は照明器具の取替のみとしました。個室として収納が欲しかったので、床の間をオープンな収納とエアコン用スペースに造り替えました。(写真)建具はすべて何らかの補修を行っています。床下には断熱材
『幸田町/和室を板張りの個室に造り替えてみる』の画像

ただいま、第四工区のリフォーム進行中のお住まいです。第二工区時に完成をした、玄関ホール飾りスペースにお客様が飾りつけをしていたので写真をとらせていただきました。(写真)リフォームしたのは奥の一段上がったスペースのみ。既設との調和がポイント。築70年以上の
『幸田町/玄関ホールを飾る』の画像

↑このページのトップヘ