牧 建築工房

愛知県三河地方を中心に、木造建築を専門に手掛ける工房です。住宅や店舗の新築・リノベーションを年間3棟限定で手掛けています。

牧 建築工房 イメージ画像
三河杉床材を使い梅雨時もさらりとした足触り
そしてほんのりとした木の香り
木や障子紙を使い、柔らかく響く音と声
早朝のやわらかい反射光を感じた目覚め
ペレット・ガスを使う「火」のある暮らし

人が五感で空気から感じるものを大切にしたい
「空気のおいしい家づくり」が私たちのコンセプト

更新情報

昨年の台風被害にあった二階建ての倉庫棟。工事に支障のあったブロック塀を撤去し、庭園を駐車スペースに作り直してやっと倉庫棟の再生工事にとりかかることができます。(写真)新しく造成した駐車スペースから職方衆は作業にはいりますただ台風被害から4ヶ月以上経過して
『幸田町/倉庫棟を再生してみる』の画像

玄関スロープをリクシルのグレースランド6番・黒色で仕上げました。そのスロープと既設の登り坂とのつなぎはモルタル刷毛引きしあげとして滑り止め対策をしました。(写真)タイル貼のスロープ。あとはアルミ手摺の取付待ちです。スロープをつくる時には登りよりも「下る」
『幸田町/玄関スロープの床タイルをしあげる』の画像

本日、仕事始めとなります。本年も引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。(写真)木製の汁鍋を再利用した正月飾りです。庭の松とナンテンを剪定して束ねました。
『2019 あけましておめでとうございます』の画像

「玄関ポーチから階段5段をおりるとそのまま車道に出てしまい、身の危険を感じていた」というお住まいの外階段リフォーム工事を進行中です。まっすぐ道路に向かっていた階段の下から3段を壊して、平場が2ヶ所ある階段につくりかえします。(上)タイル貼り工事中のため、
『幸田町/玄関階段のステップをリフォームしてみる』の画像

庭石の駐車場と並行して、玄関スロープの下地をつくります。アルミ手摺用の支柱位置を確認して、穴をあけておきます。お客さんは少しの間、不便ですがご了承をいただいて…(上)スロープのタイル貼り準備OKの状態です。(下)伐採したイチョウの切株。ブロック塀にぶつかっ
『幸田町/玄関スロープの下地をつくりこむ』の画像

天然石の庭石を一度外します。つぎに駐車スペースが取れるように、土を取り除きます。スペースができたところで土留めとして、庭石を一つづつ置いて行きます。大型重機をいれて、庭石のかみあわせをみながら、進めていきます。(上)庭石の向きをみながら、順番においていき
『幸田町/駐車スペースの造成をしてみる』の画像

本年も大変おせわになりました。スタッフ一同、心より厚くお礼申し上げます。誠に勝手ではございますが、12月30日㈰~2019年1月6日㈰まで休業とさせていただきます。来年も引き続き、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。みなさまがよい新年を迎えられます事をお

南からは十分な太陽の光が入り、北西の冬風を防ぐように背中に小高い山をひかえる絶好のロケーションに建つ住まい。その住まいの南に広がる天然石の庭園のリフォームをはじめます。手はじめに工事エリアにかかってしまう樹木を伐採します。合わせて高く伸びてしまった柿木の
『幸田町/天然石の庭園をリフォームしてみる』の画像

↑このページのトップヘ